マウスコンピューターのスティック型PC MS-NH1

in PC, 松波直秀 on 2015年4月30日

m-stick

マウスコンピューターから発売されたスティック型PC 「m-Stickシリーズ MS-NH1」を購入しました。

デジタルサイネージやシンプルな作品展示などで、どの程度使えるのか気になっていたので、そのあたり検証してみました。

私が使用している開発環境だとTouchDesignerはグラフィックチップの関係上使用できないので、Max7とProcessingで作成したプログラムで試してみました。openFrameworksとかVisual Studioとかわからないので、試したことがある人いたら教えてください。

レビューか何かでYouTubeのフルHD動画を見ることができるとあったのですが、スムーズに再生することが出来ませんでした。。ハーフだと普通に見れるのですが、本体に付いているWi-Fiが遅い?のか、他のPCと比べると電波のアンテナも低いです。。これも原因がよくわからないです。。

フルHDの画像を使用したスライドショーのアプリケーションは全然問題なく動作しました。openGL系はやっと動くってところです。Windowsの設定で起動時にアプリケーションを起動したり一定時間で終了したりできるので、ちょっとした内容のものであれば問題なく使用できます。
但し、寒い時期とかに限りそうです。ファンがないためかなり熱くなるので、これからの時期はちょっと厳しいと思います。

マウスコンピューターのサイトを見ると、ファン付きのPCが発売されたようなので、できればそちらを購入した方が良さそうです。
http://www.mouse-jp.co.jp/abest/m-stick_nh1/

フルHDの再生もこれだと厳しいのでハイスペックのものが出るまで待つか、他のデバイスで対応するしかなさそうです。

WindowsのEmbeddedモデルもあるそうですし、他社からもいろいろ出てきたので今後については期待できそうなジャンルだと感じました。

使い方次第で、いろいろ面白い事ができそうなので、興味のある方は購入してみては如何でしょうか?

antymark 松波

Comments are closed.