はて?VJとはなんぞや?

in ALi(anttkc), エッセー on 2015年5月21日

昨年ひょんなことから、ネットで記事を書きませんかとお誘いを受けました。
普段音楽や舞台にまつわる映像を製作、表現している自分には畑違いとは思うものの、そもそも初めての経験に心踊る性分ですから、ふたつ返事で了解いたしました。

PCの前に座りさて、なにを書くかなと思いネットを検索してみましたところ、VJってなに?とかVJとは?みたいな情報があるわあるわ。
その情報量の多さに当のVJである自分が「はて?VJとはなんぞや?」と考えこむ次第。
よし、ここはひとつ、この機会に自分なりのVJ論なるものをこさえてみようと考えをすすめ、その論なるものの輪郭が見え始めた頃には夜も深くなっておりました。

普段と違う頭の疲れをビールで癒しておりますと、ふと「果たして自分はプレイ中にそんなことを考えているのだろうか?」と新たな疑問に直面。

考えは堂々巡りする始末。
あぁこの感覚は知ってるぞ。こりゃあ手こずる気配がする。

はてさてしばらく自問自答した結果、なにもあらたまって考えたことではなく、自分の普段のことを書けばよいのではないかとの結論に。
普段の自分が記事にする程のものかってことはこの際置きまして、現場での便利なグッズや機材なんかについて書いてみようということにあいなりました。

はてさてそんなお前さんはどんなところでどんなことをしてるんだい?と思われることでしょう。
それによっちゃあこれからの内容の受け取りかたも違ってくるってもの。そりゃごもっとも。
とはいえ、やってることを挙げだしたらキリがないうえに取り留めない。なにせ手広くやっておりますゆえかえって混乱をきたすかと。。。。

使っている道具がその人を語るという話。
さらに言えば道具からスタイルも見えてくるかも!ということでVJ論やらスタイルやらは先人の記事にお任せするとして、
まずは自分が使用している機材から紹介させてもらいます!
といったところで文字数オーバーでございます。

今回は初回ということで執筆までの顛末を自己紹介に変えさせていただければと。

おや!
やる気が空回りして尺にあわないのが自分のスタイルなのかな、、、、少々尺にさわりますが。。。

ALi(anttkc)

Comments are closed.