WindowsタブレットでTouchDesigner

in TouchDesigner, ガジェット, 松波直秀 on 2016年9月11日

Windowsタブレット+TouchDesigner

お手軽なandroid端末のようなWindowsタブレットが結構出ています。これらの端末でもTouchDesignerは、一応、動くのです。(Windowsタブレットだけでなく、StickPCとかも)
写真は手持ちのAcerのWindowsタブレット。

 

 

方法はユーザー環境変数に新しい変数を追加するだけです。

 

[コントロールパネル] >
[システム] >
[システムの詳細設定] >
[環境変数] >
[ユーザー環境変数]

で、変数をTOUCH_ALWAYS_STARTにして、値を1にして保存してください。

 

それでTouchDesignerが起動します。ただ、フレームレートが10〜20とかなり遅いです。これはスペックによりますが、大抵の低価格なWindowsタブレットは、CPUがAtomで1.5GHz位、メモリも1GB〜2GB程でIntelのグラフィックカードなので、普通には使えません。。

 

また、タブレットだけだと拡大・縮小含めてほぼプログラムできないので、マウスとキーボードはくっつけて使いましょう。

 

タブレットを縦にすると、作業効率は悪くなりますが、簡単なサイネージとかでは使えそうです。

Windowタブレット縦

縦だとこんな感じ。どうしても映り込みしちゃうので、そこはご勘弁を。

 

Windowsタブレット横

横は見慣れた感じですがタブレットだけだと、ほぼいじることが出来ません。。

 

シンプルなサイネージプログラムとかで、どこまでいけるかを試してみたいと思います。

 

antymark 松波

Comments are closed.